2017年11月08日

今は昔 ジャンボフェリーで屋島へ

(この『音の細道・・楽器片手に行雲流水』Seesaaブログは、以前のブログLOVELOG(KDDI)の終了に伴い引っ越したものである・・。
 このたび、KDDI(au one net)『ホームページ公開代理サービス(ホームページサービス)』のサービス終了に併せて、メモリ容量の少なかったLOVELOG当時に作成した記事、写真等の見直をしている・・。
 今回、写真の少なかった当ブログ最初の記事『ブログ事始』“サックスかついでin屋島”の補足記事を書いてみた・・。)

 今は昔(汗)・・2006年5月、屋島(高松)へ行くとき、ジャンボフェリーを利用してみた・・神戸から高松へゆったりのんびりの船旅♪~ジャンボフェリーは初めて、ワクワク♪~。
 雨の、神戸のフェリーのりばから、車に乗って乗船・・出航・・。
マリンタワーに見送られ、神戸の街を後にする・・。
01m5N0265.JPG02m5N0267.JPG

 静かな瀬戸内を、ほとんど揺れもなく快適に進む・・。
間も無く、明石海峡大橋・・大橋の下を潜る♪~・・。
大橋を潜り、スイスイ進むフェリー・・煙突には赤のラインが2本・・。
03m5N0270.JPG04m5N0272.JPG05m5N0274.JPG

 間も無く高松、前方に台形(屋根型)をした屋島が見えてくる・・屋島の名は、その屋根のような形状に由来するという・・。
 屋島の突き出たところ『長崎ノ鼻』を回り込んで高松へ・・長崎ノ鼻の先を通過、あっ!この角度から見ると屋島の姿が変わった・・。
06m06N0276.JPG07m5N0277.JPG

 高松港へ・・ジャンボフェリー高松のりばに着岸・・。
08m6N0279.JPG09m5N0280.JPG

 翌々日・・屋島ドライブウェーを上る・・。
上る途中・・『小豆島 20km』の案内板が・・ちょっと傾いていましたが(汗)・・。
案内板の遥か先には・・うっすら霞んだ島影が、あっ!あれが小豆島、なるほど20km・・。

 屋島は溶岩台地で上からは源平の古戦場「壇ノ浦」平家軍船の停泊地「船隠し」など平家物語の屋島合戦の舞台を眼下に一望できる。
10m5N0299.JPG11m5N0300.JPG

 屋島ドライブウェーを上って、回り込む・・。
高松港が一望・・フェリー乗り場は、あっ!あそこかな・・。
12m5N0310.JPG13m5N0307.JPG

 帰りもジャンボフェリーで、高松から神戸までゆったりのんびりと船旅・・静かな瀬戸内を、ほとんど揺れもなく快適に進む・・。
 再び、明石海峡大橋を潜り、スイスイ進む・・おお!帰りのフェリーの煙突には、行きと違って青のラインが・・。
14m5N0315.JPG15m5N0321.JPG16m5N0326.JPG

 神戸のフェリーのりばに着岸・・乗車して下船する・・。
  ジャンボフェリー・・安全で快適な瀬戸内の船旅、ありがとうございます♪~。
17m5N0332.JPG
 今は、いろいろ様変わりしていると思われますが・・。

 今は昔(汗)・・10年以上前に屋島へ行った時のお話でした、ありがとうございます。 



posted by damp at 00:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
人気記事