2017年03月25日

春を訪ねて2017・ミツマタ群生 まだ小さなつぼみ(花芽)

 春の息吹きを感じたホタルの里鳥川から、ミツマタの群生地のある千万町(岡崎市千万町町)に向かう・・3月12日(日)晴れ一時薄曇り・・。
 急でクネクネな千万町坂を上ると千万町・・。
千万町は標高468.3m(ポスト前)程ある山里・・まだ春は浅い・・。
 お馴染みの赤いポストが見えて来る、懐かしい丸型ポスト・・。
ポストの手前・・ミツマタへの道の曲り角には、『 ← ミツマタ 』の白い案内看板が立てられている・・おや、看板には『 この先、車での進入をご遠慮ください。』とも、書いてある・・。
ミツマタ群生地への道は、車がすれ違えない細い道・・見に来られる方が増えたからかな・・群生地までは、ここから歩いて10分くらい・・。
01l9N9471.jpg02m2N9538.jpg
 案内看板に従って上る・・上がり始めて直ぐに、林道との分かれ道・・ここにも案内看板『 ミツマタ群生地← この先、農道につき、関係者以外 車での進入を禁止します。 』・・。
 道に沿って棚田が続いている・・道には、タイヤ?の土の跡がついている・・。
03mN9536.jpg04l9N9881.jpg

 棚田の方を見てみると・・あっ、田んぼを耕す、トラクターなどが道から出入りした跡がついている、道の土はトラクターでついたのかな・・。
 ミツマタ群生地の入口に到着・・ここにも白い案内看板が立てられている。
『 ミツマタ群生地 入口  山火事防止のため 禁煙厳守 貴重な資源です。 ミツマタに触れないように お願いします・・。 』とある・・。
05l29N9882.jpg06mN9533.jpg

 入口から、山道を上り始める・・おや、道が広く整備され、大きな車が通った跡が・・上のほうで、何か工事でも?・・。
右の写真は、以前、地元のお姉さま方と、初めてミツマタを見に来たときの同じ道(2014年3月27日撮影)。
 道の両側にはミツマタが群生・・でも、来るのがちょっと早かったかな・・。
07mN9519.jpg08l59N5210.jpg
 ミツマタは、まだ開いてなく小さな白いつぼみ(花芽)・・。
今にも開きそうな、白いつぼみ・・開くと黄色い花に・・。
09l9N9913.jpg10mN9486.jpg
 山の斜面にも、白くて小さいつぼみが一面に・・。
11mN9502.jpg12mN9479.jpg

 ちょっと上ると、道は小さな沢沿いになる・・。
昨年来た時は、この辺りの道は、崩れかけた所もあったりして狭かったが・・。
 おお、崩れていた所などは補修したりして、道は広くなっている・・。
道には、工事用のキャタピラー?の跡が多くついている・・この先では、伐採、間伐などの作業が始まっているようである・・。
13mN9496.jpg なるほど、来る途中の道の、白い案内看板『この先、車での進入をご遠慮ください。 』『・・農道につき、関係者以外 車での進入を禁止します。 』は、このお仕事も考慮されたのであろう・・。
 道の補修により、沢の流れも、少し変わったようである・・昨年見た謎の矢穴石は、見当たらなかった・・。
 春を待つ、白くて小さいつぼみのミツマタたち・・まもなくこの辺りも、黄色い花でいっぱいになることであろう・・。
14mN9506.jpg♪春は名のみの風の寒さや 谷の鶯 歌は思えど 時にあらずと 声も立てず 時にあらずと 声も立てず ~ 早春賦大正2年「新作唱歌(3)」 
  ちょっと小振りだが、ことしもミツマタ群生・・ありがとうございます♪~。

 まだ浅い春の山を下る・・行く手の空には、ボッカリ白い雲・・。
赤い丸型ポストの所まで下る・・ポストの後ろの奥に見えるのがミツマタの群生する山・・。
15l9N9915.jpg16mN9540.jpg

 時計は、午後3時・・。
さて、帰りはR301経由、東海環状自動車道 豊田松平ICから帰ることに・・。
新東名が開通してから、すっかりご無沙汰のR301・・。
 R301沿いの『ミニ美術館ひろ』も、すっかりご無沙汰・・きょうは、かみかぜ画伯にお会いできるかな・・続く・・。
  ありがとうございます・・。

posted by damp at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 千万町 | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

2017吹き初め

 本年も、吹き初めはアウトドアで・・。     
明けて2日、快晴の名古屋、絶好の吹き初め日和に・・昨年に続いて巴山白髭神社(岡崎市千万町(ぜまんぢょう)町)へ・・。
 神社には、約130Km離れた富士山が見えるポイントがある・・近年、見通しが木の枝で遮られつつあるが・・天気、条件さえ良ければ、枝の間を通して、遥か彼方の富士山も拝める・・。
 今年は、元日が日曜日にあたるためか、人の動き、車の流れも変化しているようである・・。
伊勢湾岸自動車道を走っている・・この先の、豊田Jct(ジャンクション)から東名高速で、東名岡崎ICへと思っていたが・・わあ!広域情報表示には『豊田Jct-岡崎 渋滞10Km 30分』とあるので、直進して新東名へ・・左前方の観覧車は、ハイウェイオアシス刈谷PA・・。
 オアシスにも寄らず、直進・・。
お馴染みの豊田アローズブリッジを渡って新東名へ・・新東名岡崎東ICで下りて、千万町へ向かう・・。
01mN9137.jpg02mN9140.jpg
 新東名岡崎東ICを出て、樫山から宮崎へ・・。
宮崎からの千万町坂・・くねくねと曲がった急坂を上ると千万町・・。
 巴山白髭神社の下の駐車広場まで、一気に上る・・鳥居の注連縄が新しく♪~。 
03m2N9149.jpg04l9N9724.jpg

 木の間から日の光・・清々しい参道を、重装備でゆっくり上る・・。
神社へ到着して参拝・・。
 参拝される方も次々と・・霜柱も見られない暖かいお正月・・気温は手元の温度計で6度・・。
神社は、『三河 巴山白髭神社』と彫られた石碑自体が御神体・・『三川分流碑』が並んで建っている・・。
つるきたち 三河の水の みなもとの 巴山とは ここをいふなり」(藤原俊成(平安時代の歌人)三川分流碑から
05mN9165.jpg06mN9216.jpg

 富士山の見えるスポットへ・・上空は晴れているが・・山際は霞か雲か、白く霞んで、山々は見えない・・。
「富士山、見えないですね・・本宮山では見えました・・」本宮山を回ってきたという方々・・。
 軽快な足取りで上がってきた、地元の方々・・「ウオーキングしてます・・」「富士山・・あっ、木の枝の間に白く見えますよ・・」どこどこ、目がいいですね・・これからどちらまで・・「向こう側にある、間道で作手へ下ります・・では・・」・・足早に、林の中へ見えなくなる・・。
07mN9192.jpg08mN9190.jpg

 では、枝の間の富士山を探してみる・・わあ、すごく枝が茂って・・あっここだ、とパチリ・・見えますか、左側の写真、中央にかすかに白く・・見えますか?(汗)・・。
 右側の、だいぶ枝が伸びてきた時の写真(2015年1月3日撮影)から、さらに木々が生育してきたことがわかる・・これ以上繁茂すると、神社からの富士山、今年で見納めかな・・。
09l29N9728.jpg10l9N6117.jpg

 さて、いそいそと楽器を出して初吹きを♪~持ってきた楽器は、今は作られていない、Cメロディサックス(CONN 1923年製 ニッケルプレート)♪~・・楽器ケースはテナーのものを流用・・。
 とても静かな神社・・参拝される方がみえるので・・pp(ピアニッシモ)いや、ppp(ピアニッシッシモ)で吹いてみる(汗)・・。
 ♪春の海のイメージで、インプロビゼーション~ 静寂の中、そっと pppで音に集中しながら吹いてみる♪~おっ、いい感じで鳴ってくれている♪~これは良いかもしれない♪~。

 やがて、時計は午後3時半を回る・・。
参拝される方々も来なくなり・・ちょっと冷えてくる・・そろそろ撤収・・。
11mN9208.jpg12mN9200.jpg

 駐車広場まで下る・・ぽつりと愛車・・。
おや、車のウインドウに、大きな荷物を背負った怪しい人影が・・あっ(汗)・・パチリと自撮り(笑)・・。
13l9N9752.jpg14mN9227.jpg

 千万町の丸型ポストの所まで下りる・・振り返って夕日の射す巴山方向をパチリ・・。
天恩寺 辺りまで下ると・・行く手に夕日・・天恩寺駐車場に車を停め、しばし眺む・・。
 静かに暮れ行く2017年の正月・・
 「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也・・」(奥の細道『旅立ち』)。
15l9N9754.jpg16mN9232.jpg

自然の力の前で人間とはなんとちっぽけなものか、でもそれを自覚しているところに人間の強さはある」(パスカル
 本年も、幸せいっぱいの年になりますように・・ありがとうございます。

posted by damp at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 千万町 | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

2016夏 ジャズライブin千万町楽校・岡崎 千万町

 夏が来た・・毎回、楽しみにしている『じさんじょの会』の『ジャズライブin千万町楽校』の案内をいただく、やまあいの楽校での野外ライブ、今年は3回目・・。
01m千万町楽校.jpg じさんじょの会は、地元(千万町地区、木下地区)の有志の方々による、まちおこしの集まり・・。
 ライブ会場の千万町楽校は、閉校した『旧千万町小学校』を、ふるさとづくりの拠点、災害時の避難施設、ふれあいと交流の場として『千万町・木下ふるさとづくり委員会』が、有効活用しているもの。
『心のふるさと千万町楽校』として親しまれている。

 何せ、 山あいの学校跡地での、野外ライブ・・空模様が気がかり・・。
1回目2014年は・・前夜が大雨で、急遽、校舎内にライブ会場設営・・旧教室で楽しいライブ♪~。
2回目2015年は・・裏山の森の前にステージ・・♪トトロ トトロ ト~トロ ~が出そうな楽しい野外ライブに♪~さて今回は・・。
 7月23日(土)
 高曇りの空、山の方は雨かな・・新東名 岡崎東IC経由で千万町へ・・。
宮崎から、九十九折の急坂・・千万町坂を越えると、やまあいに楽校が見えてくる・・。
 楽校の横の橋の工事も進み、楽校の見通しがよくなっている・・曇ってはいるが雨は大丈夫のようである・・。
02mN8260.jpg03l9N9264.jpg

 校庭は白線で区切られ駐車場に・・早めに到着・・まだ、空き空きの駐車場・・。
校舎の前では、五平餅や地元で採れた野菜やブルーベリー、冷やしたお茶など、ずらりいろいろ販売の準備中・・この売店で、懐かしい方々にお会いできるのも楽しみの一つ♪~開店は午後5時から・・。
 曇ってはいるが、ライブは屋外で・・会場の前には受付も待機・・開場は午後5時から・・。
04mN8280.jpg05l9N9271.jpg
 五平餅の屋台では、お馴染みのお姉さま方が開店準備中・・。
さあ開店・・今年もブルーベーリー・・さっそく『BBファームオギノ』さんへ・・『ブルーベリー大福』を2個いただき、ぺろりっと平らげる(汗)これ大好き♪~当日限定の特製ブルーベリー大福(笑)・・。
06mN8285.jpg07l9N9279.jpg
 お姉さま方が焼く、五平餅の香ばしいかおり・・人気の五平餅・・。
08mN8299.jpg09mN8302.jpg

 校舎の中では、採れたて野菜の販売・・懐かしいお顔もいっぱい♪~。
笑顔の素敵なお二人さん、今年は野菜で~す。
 以前、茅葺屋敷でお世話になった、じさんじょの会のYさん・・お久し振りです、おや、長袖で・・「ここのところ、朝夕は涼しくて・・布団は、まだ冬用を・・毛布は取りましたが(笑)・・」わあ、いいですね、名古屋は暑くて・・。
 ライブの司会役の方をはさんで・・はいピース?・・。
10l9N9333.jpg11l9N9289.jpg12l9N9287.jpg

 校庭も車でいっぱいに・・てきぱきと駐車整理をしていた方「校庭はいっぱいになりました、後はプールの跡地に駐車します。このイベントの時が車は一番多いです・・」
 きょうは、二宮尊徳(二宮金次郎)の石像の前まで、車がいっぱい・・二宮さん、動ずることもなく、お勉強?(汗)・・。
13l9N9360.jpg14mN8298.jpg

 そろそろ、ジャズライブin千万町楽校 開演の時間・・。
それではライブ会場へ♪~次回へ続きます・・。
 
 ありがとうございます。

posted by damp at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 千万町 | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

満開のミツマタを見てから巴山へ・岡崎市千万町町

 ミツマタ群生地で満開の花を堪能してから、赤い丸型ポストの所まで戻る・・。
01mN7682.jpg 間もなく午後4時だが、春分の日も過ぎ、少しは日も長く・・では、ポスト越しに見える、お馴染み巴山へ寄ることに・・巴山には巴山白髭神社があり、富士山の見えるポイントもある・・。

 巴山白髭神社の下の駐車広場に到着・・鳥居をくぐり・・参道を上る・・。
参道は、地元の方々の手作りの段々やら、露出した木の根っこやらの、野趣あふれる道・・上るのが楽しい杜の小径♪~数分で神社が見えて来る・・。
02l9N8737.jpg03l9N8740.jpg
 上りきった所には、道いっぱいに張り出した木の根っこ・・けつまずかない様に注意・・。04l9N8741.jpg05l9N8742.jpg

 神社は、『三河 巴山白髭神社』と彫られた石碑自体が御神体・・。
向かって左側には、神社再興の碑、右側には 『三川分流碑』が、並んで建っている・・。
御参りしてから、富士山の見えるポイントへ・・。
 ポイントは見通しがきくように、伐採され開けている・・しかし、富士山は巴山から約130km遥か彼方、よほど天気の良い時しか見えない・・きょうも、霞か雲か・・白く霞んで、山は見えない・・。
06mN7685.jpg07l9N8743.jpg

 富士山は見えないが・・神社には、赤い郵便箱の『参拝記帳入れ』があり・・郵便は来ませんが・・中には『参拝記帳』と一緒に、神社から見た富士山と南アルプスの山々の写真も入っている。
 参拝記帳には、素敵な富士山との出会いも描かれているので、毎回記帳する時に見せて頂いている・・では、過去の記帳から富士山の見えた様子を紹介しよう・・。
 『やっほー』・・楽しい富士山の絵は、2013年1月2日に訪れた時に見せて頂いたもの・・訪れた日は曇り空で、富士山は見えず(涙)・・絵を見て楽しませて頂きました、ありがとうございます。
08mN7684.jpg09n2N9313.jpg
 『「富士山」かな?』の絵・・見える位置が良く分かる素敵な絵は、2015年1月3日に訪れた時に見せて頂いたもの・・。
 訪れた日は快晴で、ピンポーン・・絵の位置・・手前の樹が伸びて分かり難くなっているが・・枝の間に真白な富士山が見えた♪~ありがとうございます・・写真は同日(2015.1.3)撮影・・。
10m2N4417.jpg11o6N6108.jpg

 静かな神社は、楽器のピュアな鳴りを感じられる、大好きな場所でもある・・。
では・・いそいそと、サックスをセッティング (笑)・・マウスピースの試奏を♪~。
 マウスピースは、古いベルグラーセン・・只今リフェイス中で、少しずつオープニングを広げたり、バッフルを削ったり盛ったり、いろいろ試している・・なかなか良い音?鳴りにはならないが(汗)。
曇っていることもあってか、肌寒く、手袋をするなど冬の格好で(笑)・・。

 いい気分で吹いていると、時計は間もなく午後5時・・そろそろ撤収・・。
12mN7688.jpg13l29N8746.jpg

 駐車広場まで下りる・・曇空・・西から帯状の雲が伸びて来る・・。
西の山際、少し赤みて、何やら雲影・・アップしてみる、白虎?朱雀?それとも・・季節外れのトナカイさん(笑)・・何やらスイスイと飛んで行く・・しばし見とれる・・。
14l93N8751.jpg15l9N8756.jpg

 新東名岡崎東ICから高速に乗り、帰途につく・・。
間もなく豊田アローズブリッジ・・でっかい矢印で、新東名から伊勢湾岸自動車道へ直進・・左からは東海環状自動車道が合流してくる・・。
16mN7697.jpg自然の力の前で人間とはなんとちっぽけなものか、でもそれを自覚しているところに人間の強さはある」(パスカル
 きょうも、素敵な出会いが沢山ありました・・今を生き、生かされていることに感謝♪~。
  ありがとうございます。


posted by damp at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 千万町 | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

ミツマタ群生 花は満開 ・ 岡崎市千万町町

 春分の日も過ぎ、花の季節到来・・ミツマタの花は、そろそろ満開かな・・。
千万町(岡崎市千万町町)のミツマタ(三椏、三又、三枝)群生・・2年前に旧茅葺の里で聞いて以来、毎年訪れている・・昔、山に2~3本あったミツマタが、間伐して日当たりが良くなったため、自然に山一面に広がったという・・。
3月29日(火)晴れのち曇り
 新東名の岡崎東ICで下りて、鳥川ホタルの里へ寄ってから、千万町へ向かっている・・宮崎から、クネクネで急な千万町坂を上り・・千万町へ到着・・。
 お馴染み赤いポストが見えて来る、懐かしい丸型ポスト・・ポストの後ろの山がミツマタ群生地・・。
ポストの手前・・ミツマタへの道の曲り角には、手作りの道案内『←みつまた群生地』が立てられている・・これは分かりやすい、ありがとうございます♪~。
01l9N8734.jpg02l9N8647.jpg

 道案内に従って上る・・林道との分かれ道は右へ・・。
上りきった分かれ道の手前へ車を止める、数台の車が止まっている・・。
ここからは、左の道へ歩いて上る『←ミツマタ群生地』道案内あり・・右の道は上級者向け?難コース(汗)・・。
03mN7670.jpg04l9N8648.jpg

 上り始めて直ぐに、ミツマタ繚乱♪~。
道から下の沢まで・・カメラマンの方々が散見される・・。
 わあ・・ミツマタの乱舞(笑)は、ずっと向こうの山の斜面まで続く♪~。
05l9N8656.jpg06mN7674.jpg
 三つに分かれた枝の先、花はぶら下がるように下向きに咲いている・・それでは、下からパチリ・・あっ、ひとつの枝に二つ花が咲いているのもある・・。
07l9N8658.jpg08mN7679.jpg

 道は、小さな沢沿いになる・・
沢には岩がゴロゴロ・・道は崩れかけた所もあり、そこから落ちた岩であろうか・・足元注意・・。
 昨年見つけた、矢穴石は、確かこの辺だったが・・あっ!ありました、不思議な矢穴石・・。
09l9N8690.jpg10l9N8697.jpg
 岩の上に、赤い椿の花が・・ひとつ、ふたつ・・えっどこから来たの・・。
ありました!椿の木・・この椿はミツマタならぬフタマタ(二又)でした(笑)・・。
11l9N8704.jpg12l29N8691.jpg

 ミツマタの群生は、間伐して日当たりのよいところ一面に、ずっと続いている・・。
自然が創りだす、見事な光景・・ありがとうございます。
13l9N8698.jpg14l9N8699.jpg

 車まで戻る・・ぼんやり曇り空・・山の木々が美しい、素敵な中間色♪~。
原色の赤いポストの所まで下る・・花壇の花は、みんな南へ向かって咲いている?・・。
15l9N8732.jpg16l9N8736.jpg

 間もなく午後4時・・春分の日も過ぎ、少しは日も長く・・ポスト越しに見えるお馴染み巴山、帰りに寄ってみよう・・。
  続きは次回に・・ありがとうございます。

posted by damp at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 千万町 | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

吹き初め2016(2)巴山での初富士山は・岡崎 千万町

 新年明けて2日・・晴れて暖かい、絶好のアウトドアでの吹き初め日和♪~。
新東名の開通が間近い鳥川ホタルの里から、富士山の見えるポイントのある巴山白髭神社(岡崎市千万町(ぜまんぢょう)町)へ向かう・・。

 千万町の赤いポスト前に到着・・昔懐かしい丸型ポスト・・。
暖かいお正月・・ポストの前から見る巴山方向・・。
東の空・・山際、少し霞みて・・雲の細くたなびきたる・・おやっ?(汗)・・。
 この霞んだ空では富士山は見られないかも・・。
l9N7348.jpgl9N7350.jpg

 巴山白髭神社の下の駐車広場に到着・・ここまで来ても、あまり寒くない。
神社は、赤いポストの所から標高差200m以上高く、例年とても寒いのであるが・・写真右の雪景色は、旧年の吹き初め時(2015年1月2日撮影)。
l9N7352.jpgoN4384.jpg
 鳥居をくぐった直ぐ左手に、地元の方々の手作りの杖が置いてある・・お借りして、杖をついて階段を上る・・らくちん らくちん(笑)~。
 大好きな杜の小径・・時計は午後4時を回る・・木の間の太陽の位置は低い・・ゆっくり上って数分で神社へ・・。
l9N7353.jpgl9N7354.jpgl9N7355.jpg

 神社へ到着・・参拝・・。
l9N7373.jpg 神社は、『三河 巴山白髭神社』と彫られた石碑自体が御神体・・。
三川分流碑』が並んで建っている・・。
 つるきたち 三河の水の みなもとの 巴山とは ここをいふなり藤原俊成(平安時代の歌人))三川分流碑から。

 では、富士山の見えるポイントへ・・木立の間から見る富士山方向は・・霞か雲か・・白く霞んで、山は見えない・・。
 おっ、微かに・・見えるかな・・残念、ぽっかり浮かんだ雲でした(笑)・・。
l9N7360.jpgl9N7365.jpg

 神社には郵便受け(箱)があり・・郵便は配達されませんが(汗)・・中には『参拝記帳』や『富士山』と『南アルプス』の写真が入っている。
 初富士山は郵便受けの中の写真で・・ありがとうございます。
mN7321.jpg 富士山の写真は、巴山白髭神社から、最初に富士山を見られた時に撮られたもの・・
平成20年12月15日(月)午前10時5分 約130km遥か彼方に眺望する・・」とのコメントがある・・撮影者は、当時の千万町小学校の教頭先生・・。
後日先生と、偶然ここ巴山でお会いすることが出来た♪~。

 暖かいお正月・・吹き初めはアルトサックスで・・。
楽器やらマウスピースやら、いろいろテーブルの上に広げて・・蚤の市ではありません(笑)・・。
 手前に写っているのは、お借りした杖・・。
l9N7366.jpgl29N7380.jpg
 
 マウスピースは、リフェイス中のベルグ・ラーセンとセルマー・・試奏を兼ねて・・。
手袋なしでも・・♪ちっとも寒くないわ~カメラをテーブルの上に直接置いて、セルフタイマーで自分撮り(笑)♪~。
 快調に吹き初め~試奏♪~ふと気がつくと辺りは薄暗く(汗)・・時計は午後5時・・直ぐに撤収・・。
この辺りには灯りがないので、夜は真っ暗になってしまう・・夕闇が迫る参道を慎重に、杖を頼りに下る・・。
mN7327.jpgl9N7382.jpg

 暮色に包まれてゆく駐車広場・・ぽつんと愛車・・。 
明けて2日・・静かに暮れて行く巴山・・「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也・・」(奥の細道『旅立ち』)。
l9N7390.jpg自然の力の前で人間とはなんとちっぽけなものか、でもそれを自覚しているところに人間の強さはある」(パスカル
 本年も素晴らしい年になりますように・・ありがとうございます。

posted by damp at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 千万町 | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

ジャズライブin千万町楽校(1/2)・岡崎市千万町町

 盛夏の候、昨年からスタートした『じさんじょの会』の、真夏のジャズライブin千万町楽校、今年も開催。
 じさんじょの会は、千万町(ぜまんぢょう)地区と木下(きくだし)地区の有志による、まちおこしの集まり。
 2010年に閉校した旧千万町小学校は、地元の『千万町・木下ふるさとづくり委員会』により、『心のふるさと千万町楽校』となり、ふるさとづくりの拠点、災害時の避難施設、ふれあいと交流の場として有効活用されている。
 『ジャズライブin千万町楽校』♪~。
  日時  平成27年 7月25日(土) 会場  千万町楽校(旧千万町小学校)
  主催  じさんじょの会、 NPO法人BLUE WAVE JAZZ FORUM。
  共催  千万町・木下ふるさとづくり委員会。         
  出演  マユミ・ロウ(ボーカル)さん、森永理美(ピアノ)さん。
7月25日(土) 薄曇り一時晴れ
 朝から気温が、ぐんぐん上昇し、名古屋では、最高気温が35度を超える今年初の猛暑日に・・。
猛暑の中(汗)、出掛ける・・車の少ない東名で岡崎インターへ・・樫山・・宮崎・・千万町坂を上って千万町へ・・この時間、道はどこも空いており早めに到着・・。
 千万町坂を越えると千万町楽校が見えてくる・・楽校の横で何か工事が始まっている。
mN5825.jpgmN5826.jpg おや、工事現場の前・・炎天下で道案内をしているのは・・茅葺屋敷でお世話になった、じさんじょの会のYさん・・お久し振りです・・「・・橋の架け替えの工事です・・駐車は校庭へ、正門から入って下さい・・」ありがとうございます。

 広い校庭は、まだガラガラ・・。
ライブ会場は校舎の西側の広場、以前は集会室(体育館)のあった所・・。
『開場は5時』からとある・・では校内を、ちょっと一回り・・。
mN5827.jpgl9N6432.jpg長い歴史のある旧千万町小学校・・ライブ会場受付の左側には『 開校100年記念 『やりぬく心』 昭和49年8月 』の記念碑も・・。

 校庭には、懐かしい二宮尊徳(二宮金次郎)の石像・・薪を背負ってきょうは、ちょっと暑そう・・。
長い歴史のある学校、廊下には『「やりぬく心」を築いた先輩たち』として、代々の卒業写真が掲示されている。
mN5834.jpgm2N5837.jpg ズラリと年度順に並んだ卒業写真・・ただし昭和19年度の所には写真が無く、黄色い張り紙が・・張り紙には『昭和19年度 戦火のため原版焼失』とある・・思わぬところに残されている歴史・・戦争の傷跡・・。

 校舎の前は、楽しい、お祭り、縁日の乗り♪~。
l9N6466.jpgl9N6462.jpg 地元で採れた野菜やシイタケ、ブルーベリー、冷やしたお茶など、ずらりいろいろ販売・・。
 人気の五平餅・・焼いているのは、以前、茅葺屋敷でもお世話になった、お姉様方・・。
mN5844.jpgl9N6492.jpg あれっ、五平餅を焼く屋台が見当たりませんが「校舎の裏に、ちゃんと置いてあります・・あれは重くて運ぶのが大変なので(汗)それに暑いし・・今年は屋台は無でやっています(笑)・・」。

 今年も『ブルーベーリーファームオギノ』さん・・取れたてのブルーベリーはもう完売(涙)、では人気のブル-ベリー大福と、ジャムをいただく・・。
 ピース、今年は稲荷寿しと、焼きそばで~す♪~笑顔の素敵なお二人さん・・。
野菜売り場のお姉様「「去年も来て下さったね・・」えっ憶えていますか・・記憶力のよいお姉様♪~。
 楽しい千万町楽校、ありがとうございます。
l9N6441.jpgl9N6448.jpgl9N6493.jpgl9N6494.jpg

 続々と、お客様・・広い校庭も車で一杯に・・。
そろそろ開場の時間・・。
裏山の森の前にステージ・・♪トトロ トトロ ト~トロ ~が居そうな素敵なシチュエーション・・。
l9N6483.jpgmN6471.jpg それではライブ会場へ♪~。
『ジャズライブin千万町楽校(2/2)・岡崎市千万町町』へ続きます。
  ありがとうございます。


posted by damp at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 千万町 | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

ミツマタと謎の矢穴石・岡崎千万町

 彼方此方から、花の便りが届き始める、花の季節到来・・。
3月28日(土)薄曇り後晴れ
 千万町(岡崎市千万町町)にはミツマタ(三椏、三又、三枝)が群生している山がある。
そろそろ見ごろか・・急に思い立って出掛ける。
 昨年、初めてミツマタの群生を知り、見せて頂いているが・・実は、ちょっとしたハプニングもあったりして(汗)、よく見ることが出来なかったのである(涙)・・。

 千万町の赤いポスト前に到着・・ポストの裏山にミツマタの群生・・。
o2N5126.jpgo2N5128.jpg このポストは、直ぐお隣(旧茅葺屋敷前)から移設されたもの・・日本郵便さんの現用ポスト、収集は一日一回されている。
 ポストの横の花壇、そろそろ蕾もふくらみはじめている。
 ポストの手前の道で裏山へ上る・・。
上りきったところに車を止める・・細い道、通行の邪魔にならないように、帰りが楽なように、道の端へ下りに向けて・・。
oN5046.jpg 山から下りて見えたカメラマンさんに・・こんにちは、ミツマタは・・「満開です・・とても綺麗で、眺めるには良いのだが・・写真を撮るにはちょっと日差しが強いかな・・天気が続いているので、杉の木肌も乾燥して白くなっている等、全体に白っぽくなってしまう・・雨上がりの日にまた来てみたい・・」勉強になります、ありがとうございます。

 上り始めると、直ぐにミツマタの群生・・木の間を抜ける陽の光で輝く・・。
l9N6292.jpgo2N5061.jpg それぞれの三又の先に、花も3輪・・。
 日当たりのよい斜面には、ミツマタの群生・・。
光線の当たり具合で、白銀から黄金色に、そして白銅色に輝く・・さながら、舞い降りた星屑、地上の銀河、星雲を見るが如くに・・飽かず眺める♪。
l29N6313.jpgl9N6307.jpgo5N5066.jpg

 山間には、小さな沢がある・・日のあまり射さない沢・・。
一面に群生するミツマタも素敵だが、沢の畔に楚々と咲くミツマタも素敵である。
 あっ!流れの中に矢穴を穿った矢穴石!・・えっ?何故ここに・・。
oN5105.jpgoN5073.jpgoN5083.jpg・・謎の矢穴石・・。
 矢穴は、大きな石を割る時に、クサビ(矢)を入れるために穿つ矩形の穴・・お城の石垣などに、矢穴や矢穴痕(割った面に残る跡)の残る石が見られたりする・・。
 矢穴石の大きさを知る目安に、竹笛(長さ約45cm)を置いて見た・・。
o5N5097.jpg 竹笛と比較すると、石の大きさは横 大体1.2m、幅 大体0.5m、高さは埋まっているため不明であるが・・かなり大きい(重い)石と推測される。
 流れの中の石、矢穴を含めその形状は水流により削られたりして、変形しているものと思われる・・。
 矢穴は6個・・長さ 大体7cm内外、幅 大体2cm内外・・間隔は大体10cm内外・・。
矢穴の大きさにより、穿たれた時代が解ると言うが・・いつの時代の物だろうか?・・何故ここに?・・興味深い謎の矢穴石・・。
 歴史のある千万町、こちら側の山にはミツマタの他に何があるかは知らないが・・。
反対側の山には、石碑を御神体とする巴山白髭神社や、藤原俊成(平安時代)の歌が刻まれた三川分流碑があったり、戦国時代末期の石筒ヶ根古戦場もあり、石仏がまつられたりしている・・ミツマタの山には謎の矢穴石・・。

 満開のミツマタを堪能して、車まで戻る・・矢穴石にも心惹かれて・・。
ミツマタ目当てに、カメラマンの方々が沢山みえている、車も増えている・・。
 謎の矢穴石・・また千万町での楽しみが、ひとつ増えました、ありがとうございます。
oN5124.jpg よい天気、帰りは鳥川へ寄ってトヨトミナシに会って行こう・・。
『時の過ぎるのが早いか遅いか、それも気づくことのないような時期に、人はとりわけて幸福』 ~ イヴァン・セルゲーエヴィチ・トゥルゲーネフ(ロシアの小説家)
 ありがとうございます。

posted by damp at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 千万町 | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

初吹き2015(上)・一富士 ・二は丸型ポスト?・三は?・・

 毎年、初夢ならぬ初吹き、吹き初めはアウトドアで・・雪の新年、明けて3日快晴の名古屋、絶好の吹き初め日和に・・昨年に続いて巴山白髭神社(岡崎市千万町町)へ・・。
神社には、約130km離れた富士山が見えるポイントがある、本年は山の彼方の初富士が拝めるかも・・。
 道路の渋滞を避けて、名古屋インターから東名高速へ・・暫く順調、車も少ない・・。
わあ『2キロ先渋滞 25km100分』・・この先、岡崎から豊川辺りにかけては、交通集中による超渋滞発生区間の一つ・・工事中の新東名高速が豊田東ジャンクションまで開通すれば解消か・・。
 渋滞の手前の、豊田ジャンクションから東海環状自動車道へ・・。
oN4368.jpgoN4373.jpg 東海環状自動車道の、矢作川に架かるお馴染みの豊田アローズブリッジ・・。
 快晴、ポッカリ ポッカリと、のどかに白い雲・・これなら初富士拝めそう♪~。

 豊田松平インターで下りて、R301で千万町へ・・。
R301は、途中の峠は一部雪道となったが、それ以外は路面には雪は無い・・。
 巴山の上りにかかると雪道に・・巴山白髭神社の下の駐車広場に到着・・。
oN4382.jpgoN4383.jpg 積雪量は少ないが一面の雪・・。
気温はかなり低い。
 雪の参道を上る・・。
神社が近付くと、木の間から日が射してくる、太陽の位置は低い・・。
oN4384.jpgoN4390.jpgoN4394.jpg 時計は午後2時を回っている・・。
富士山は、午後になると霞んで見えなくなることが多いが(汗)。
 神社に到着・・富士山の見えるポイントに・・。
わあ見えた!富士山♪~枝の間を通して、やや霞んではいるが、真白き富士の嶺~。
 お参りに見えていた地元の方から「きょうは良く見えています・・しかし、どの角度からも枝が避けられないですね、手前の木は切ったのですが、向こうは余所の木ですから・・」・・初富士、ありがとうございます♪~。
oN4401.jpgl9N6117.jpgoN4404.jpg さて吹き初め♪~。
持ってきたのは、古い今は作られていないCメロディサックス(KING1910~15年製)。
 素朴な音がお気に入り♪~。
 初吹き♪~ちっとも寒く~寒いわ!(笑)早々に切り上げ・・。

 圧雪状態の旧道を下り、千万町へ・・。
千万町まで下ると雪はほとんど消えている、神社とは標高差200m以上ある・・。
ここには『茅葺の里』千万町茅葺屋敷があったが、昨年3月末で閉鎖されている。
茅葺屋敷の前に建っていた、赤い丸型ポストの行く先が気になっていたが・・。
 あっ、ありました屋敷の直ぐお隣に移設されて・・。
oN4430.jpgoN4437.jpgoN4433.jpg このポスト、日本郵便さんの現役ポスト。
風情ある光景・・ずっと残っていてほしい丸型ポスト・・。

 時計は午後3時半を回る・・。
路面は乾燥、この路面状態なら・・これから鳥川へ回ってみよう・・。
oN4440.jpg 千万町坂の急坂を下って鳥川へ向かう・・。
続きは『初吹き2015(下)・三に梨の木?四は十三夜月?・・』で・・。
 ありがとうございます。

 
posted by damp at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 千万町 | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

じさんじょの会の再スタートはジャズライブから(上)・岡崎千万町

 千万町(ぜまんぢょう)町のまちおこし『じさんじょの会』は、活動拠点だった『千万町茅葺屋敷』が今年(2014)3月末に閉鎖したため、活動も一時ストップ・・新たな拠点、活動を模索されていたが・・。
 やりました!じさんじょの会の再スタートは『ジャズライブin千万町楽校』から・・ライブのお知らせをメルマガ『内田修ジャズコレクション』の市民発のジャズイベント情報で発見♪~。
 ライブ会場の『千万町楽校』は旧千万町小学校のこと・・。
千万町小学校は、明治7(1874)年、木下(きくだし)にあったお寺(寺子屋)で開校したという・・その後、現在地に移り、平成16年には創立130周年を祝った歴史のある学校・・平成20年には、CBCこども音楽コンクールに全校音楽で出場この時の全児童数は5名、最優秀賞を受賞している♪拍手~。
 しかし児童数が少なくなり、平成22年4月に宮崎小学校へ統合され、閉校・・。
閉校後は『千万町楽校』として、地元の『千万町・木下ふるさとづくり委員会』により有効活用され現在に至る。
 ライブの主催は、じさんじょの会とNPO法人BLUE WAVE JAZZ FORUM。
共催は、千万町・木下ふるさとづくり委員会。
出演は、今岡友美(Vo)さんとDear Blues。
Dear Bluesは中嶋美弥(p)さん、名古路一也(b)さん、山下佳孝(ds)さん、によるピアノトリオ・・。
7月19日(土)曇り時々雨
 雨上がりの午後、千万町楽校に出掛ける♪~。
宮崎から千万町坂を越えると、緑したたる青葉の中、楽校が見えてくる・・駐車場辺りには人影が・・駐車は校庭かな?・・生憎の曇り空、星空の下でのライブは無理のようである・・。
oN3381.jpgoN3385.jpg 駐車整理の方から「校庭は広いのですが・・雨上がりで入ると、泥んこでグチャグチャになるので・・なんとか校庭外で納めようと・・こちらに止めて下さい・・」ありがとうございます。
 歴史のある楽校・・ライブの前にちょっと覗いて見よう・・。
緑したたる中、何処か懐かしい二宮尊徳(二宮金次郎)の石像も・・。
oN3395.jpgoN3399.jpg 後ろの校舎には、『心のふるさと千万町』の新しい看板・・。
 事務室の前の廊下には・・わあ凄い!毛筆書きの沿革史、年表や、『『やりぬく心』を築いた先輩たち』として、代々の卒業写真が掲示されている。
l9N5720.jpgl9N5721.jpg ズラリと年度順に並んだ卒業写真・・。
おや昭和19年度の写真が無く、黄色い張り紙が・・張り紙には『昭和19年度 戦火のため原版焼失』とある・・おお、思わぬところに残されていた歴史上の事実・・。

 会場では地元で採れた野菜やシイタケ、ブルーベリーなど、いろいろ販売・・茅葺屋敷でお世話になった、管理人のYさんや、お姉様方にもお会いする・・。
 人気の五平餅・・焼いている屋台は、あっ茅葺屋敷で見たもの、お姉様方も大忙し・・。
oN3400.jpgL9N5697.jpg 五平餅やら、胡瓜の浅漬け丸ごと一本などで、軽く腹ごしらえ・・。
 さてデザートは・・これまた人気のブルーベリー大福・・。
「この日の為に、いろいろ限定でつくりました・・」と、地元の『BBファームオギノ』さん・・。
oN3403.jpgoN3392.jpg イチゴ大福ならぬブルーベリー大福・・取れたてのブルーベリーがいっぱい入っている・・これは美味しい♪~パクパクと二つも食べてしまいました(汗)・・。

 さてライブ会場は・・じさんじょの会の会長さんから「校庭の西側にステージを作ったのですが、雨のため急遽2階へセットしなおしました・・客席は200席用意しました・・」やりましたね!じさんじょの会再スタート、おめでとうございます。
l9N5691.jpg ♪降っても晴れても(COME RAIN OR COME SHINE)~

続きは『じさんじょの会の再スタートはジャズライブから(下)・岡崎千万町』で・・。
 ありがとうございます。
posted by damp at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 千万町 | 更新情報をチェックする
人気記事