2016年04月30日

花と緑とアカペラもいっぱい・名古屋 鶴舞公園

 花の季節の鶴舞公園・・サクラに続いて、バラ、ハナショウブ、アジサイなど、季節の花々の見ごろが続く、美しい花の季節・・恒例の『花まつり』(3月25日―6月12日)開催中・・。
4月24日(日)曇
 遅がけに鶴舞公園へ立ち寄る・・南側のグランド(陸上競技場)の裏から入る・・。
お花見で賑わったスタンドのソメイヨシノも、すっかり葉桜に・・グランド入口の小さな花壇、綺麗に満開・・。
01l9N8760.jpg02mN7828.jpg

 曇り空の下、木々の緑が爽やか・・子供の広場の時計は、そろそろ午後4時・・まだまだ皆さん楽しそうに・・2人乗り、3人乗りの幼児同乗対応自転車も、まだ多く停めてある・・。
 皆さんが上っているのは、人気の山の砦・・池の水は、まだちょっと冷たいのかな・・。
03l29N8763.jpg04l9N8766.jpg
 あっ!いいな♪~山の砦の滑り台、頭からすいっと~。
では、子供さんと一緒になって砦に上って・・えっ (汗)・・広場の象徴のイチョウの木をパチリ(笑)・・。
05l9N8771.jpg06l9N8769.jpg
 

 蔦の絡まる緑化センターは、花がいっぱい♪~ 各種展示会は、お休み・・開館は4時半まで・・。07l9N8776.jpg08l9N8774.jpg
 もう直ぐ閉館・・温室をちらりと・・。
おや、うっとりと目を閉じて歌っているような花、発見♪~五つ子?六つ子?の楽しいコーラス、アカペラのグループかな(笑)♪~。
09mN7835.jpg10l9N7837.jpg

 中庭の花壇には、お馴染みゴールドクレストを剪定した団子3兄弟?・・だいぶ枝が伸びて来て、毬栗頭に・・ここへ来ると、いろいろ空想の世界が広がり楽しい (笑)♪~。
 きょうのシチュエーションは、赤チューリップ姫の城を守る毬栗近衛兵・・押し寄せる白チューリップ王子のプランター機甲師団と対峙している・・赤白花合戦・・(笑)・・。

11l9N8780.jpg12l9N8777.jpg
 ♪ブッボン~ブッボン~楽しいボイスパーカッションが聞こえて来て現実に戻る・・奏楽堂の方から聞こえて来る・・よしっ!行ってみよう♪~。

 わあ!素敵なアカペラが溢れる奏楽堂・・石段の客席(約500人収容)は、いっぱいのお客様・・。
FAN(『estival of cappella in AGOYA』の略)開催中という♪~。
13l9N8787.jpg14l9N8786.jpg

 楽しいFAN2016 名古屋アカペラフェスティバル♪~これは聴かなくては・・続きは次回で・・。
  ありがとうございます。
posted by damp at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 街中の出会い | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

ヒマラヤスギの松ぼっくりやら なごやかベンチやら 月と竪琴やら・・秋の夕暮れ

 爽やかな秋の夕暮れ・・10月24日(土)久し振りに立ち寄った鶴舞公園・・園内をちょっとお散歩・・。
ちょっとのつもりが、楽しい出会いがいっぱいで、思わず長居♪~。
mN6577.jpg 正面広場の花壇には素敵な花・・。
ヒマラヤスギ並木など、園内のあちらこちらに、イベント用の白いテントがいっぱい並んでいる・・。

 子供の広場の前には臨時駐輪場、わあ!2人乗り3人乗り・・ズラリと幼児同乗対応自転車が並んでいる・・。
日も西に傾き、影が長く伸びる広場・・まだまだ皆さん楽しそうに・・広場の象徴のイチョウの木も、黄葉が始まっている・・。
l9N6885.jpgm2N6566.jpg

 緑化センターでは『秋の球根バザール』開催中・・お隣では、松ぼっくりを使った工作に仲良くチャレンジ♪~。
センターは午後4時半閉館・・中庭の花壇には、お馴染みゴールドクレストの団子3兄弟?・・その向こうには、大きな綿毛の果穂を付けた身の丈以上あるパンパスグラスも・・。
l9N6887.jpgl9N6903.jpgl9N6897.jpgl9N6890.jpg

 噴水塔池の畔のヒマラヤスギに夕日が・・わあ凄い、夕日が当たっている枝にはヒマラヤスギの松ぼっくり(球果)がいっぱい・・。
l9N6908.jpgl39N6911.jpg

 奏楽堂の西の林に日が沈む・・自転車ファミリーも、そろって家路へ・・。
園内にはなごやかベンチが、あちらこちらに設置されているが・・奏楽堂の前のベンチは夕暮れ、夕焼けのビューポイント♪~。
 おお、きょうは『なごやかベンチ』に素敵なお二人・・お願いしてシルエットを撮らせて頂いた♪~。
素敵な写真になりました、ありがとうございます。
mN6600.jpgmN6601.jpgl9N6932.jpg

 なごやかベンチに別れを告げ、奏楽堂を後にする・・振り返ると東の空には、お月さま・・。
屋根の飾りの竪琴と、お月さまをアップでパチリ・・ふっくらしてきた上弦の月、今宵は12夜・・。
 この竪琴は、古代ギリシャの竪琴(リラ)がモデルかな・・。
mN6623.jpgl9N6946.jpgl29N6954.jpg

 秋の日は釣瓶(つるべ)落とし・・暮色に包まれつつある公園・・。 
l9N6966.jpg おや、『踊り子』ブロンズ像のある芝生広場から、ギターの爪弾きや歌声が聞こえてくる♪~行ってみよう・・。

 続きは次回『・・音楽大好き鶴舞公園(85)』へ・・。
  ありがとうございます。




posted by damp at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 街中の出会い | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

小笠原真澄個展に K.Art Studioのギャラリーへ・名古屋市南区

 芸術の秋、小笠原真澄展「日本」の案内葉書を頂いたので出掛ける。
小笠原さんは、柔らかい動きの人物画を得意とする、美術家。
 初めて出会ったのは2009年11月のこと、マンモスフリマ(主催:テレビ愛知 場所:ポートメッセなごや)でのライブペインティングの現場・・ライブペインティングを見るのもこの時が初めて・・。
『原初、おんなは太陽だった』をコンセプトに、躍動感あふれる群像、大きな作品をアクティブにペインティング・・写真2枚目3枚目は当日撮影のもの。
mN6550.jpgm25N9562.jpgm25N9564.jpg

9月25日(金)曇後時々雨
 場所は、K.Art Studio(南区呼続)とある・・初めて行くギャラリー・・。
コインパークに車を止め・・案内葉書を片手に・・郵便局前、床屋横の、静かな路地を上がる・・。
 上がった辺で、可愛い犬を連れて散歩中の方とすれ違う、犬に気を取られたりしている間に、道はどんどん下り、鉄道線路に・・あれっ(汗)通り過ぎたかな・・と、引き返し、坂道を上る・・。
 上がって行くと、先ほどの犬を連れた方が戻ってこられたので、すいません K.Art Studioは(汗)・・「あら・・あちらの道をちょっと入った所・・白い外観・・看板が・・直ぐ分りますよ・・」ありがとうございます。
 K.Art Studioに到着・・こんにちは、初めてお邪魔します、場所は散歩中の方にお聞きして・・にこやかにスタジオ主宰のKATO Kさん「この辺りは、古くからの街ですから・・近くにはお寺や、神社もあります・・ここはアートショップとギャラリーになっています・・。
 小笠原さんは土日には来ますが、きょうは居ません・・お知り合いの方ですか・・」はい、以前マンモスフリマでのライブペインティングを見て以来・・
m5N6534.jpgmm5N6532.jpg・・「あっ、ポートメッセなごや ですね、あそこのライブペイントは私どもK.Art Studio(前K.ArtMarket)が請け負って開催していたものです・・今も、ライブペイントはいろんなところで開催しています・・」へえ、それは知らなかったです・・。
 今回の展覧会の日本とは・・「・・身近なところで、日本人の美意識を見つめ直してもいいのではないかと・・ここのH.Pに、小笠原さんのコメントがあるのでご覧下さい・・」。
m5N6480.jpg(小笠原さんのコメント、H.Pから引用)
『 国の文化にふれることは 常に新鮮であり、刺激的なことです。普段見慣れている風景は見飽きていて感動がないから 見たことのない風景を追い求めてしまいがちになります。
しかし、たまに見る風景は 実は表面的な部分しかみえておらず 物事の本質を見極めがたいものでもあります。
 今回の展覧会「日本」では、古代から現代までの日本人の美意識をくすぐる感性を ジャパンブルー、風情、健気、粋、 文化、アート、仏、詫び、さび 農村の伝統的手仕事、遊び心、 日常などなどを 作家の視点でとらえてみました。
 そこで暮らしているものでしか出会わない身近なことを 世界とつながっている時代だからこそ 発見、発信していく必要があるとおもうのです。 』
・・なるほど日本・・。

 ギャラリーには、小笠原さんの視点での素敵な日本がずらりと♪~。
mN6490.jpgmN6524.jpgmN6508.jpg
 正面には、刺繍作品・・案内葉書に載っていた縫い包みの鯉も・・。
大きな刺繍作品『香嵐渓』には伝統的手仕事のわらぞうり作りが・・ちなみに、足助の香嵐渓は紅葉の名所、三州足助屋敷(観光施設)では、わら細工など生業としている手仕事の実演も行われている。
mN6488.jpgmN6493.jpgm2N6510.jpg
 楽器などを描いた作品から、その楽の音を想像するのも楽しい♪~。
『和太鼓』(左)からは当世風な響きが♪~。
 光る波間に、エキゾチックな楽の音♪~『荒子川の波』(中)・・荒子川は名古屋市内を流れている川・・。
『宇宙の詩と音と舞い』(右)からは、近未来的な不思議な響きが♪~。
mN6520.jpgmN6514.jpgmN6517.jpg
 小笠原真澄展「日本」楽しく見せて頂きました、ありがとうございます。

 K.Art Studio を辞し、帰途につく・・。
通りがかった、近くの名鉄名古屋本線・・踏切の遮断機が下りる・・。
秋雨の中、東岡崎行き普通電車が通過する・・車の窓越しにパチリ・・。
 電車の行く手の小高い丘には、かつて お城(山崎城)があり、電車が走って行く所は、城の堀跡と伝えられている・・丘の上に見える大屋根は、城址に建つ現在の寶珠山安泰寺・・。
 ここにも素敵な日本の風景が・・ありがとうございます。
m2N6536.jpg「時の過ぎるのが早いか遅いか、それも気づくことのないような時期に、人はとりわけて幸福」 ~ イヴァン・セルゲーエヴィチ・トゥルゲーネフ(ロシアの小説家)
 きょうも、素敵な出会いが沢山ありました、ありがとうございます。


タグ:美術 城址
posted by damp at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 街中の出会い | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

『茅葺の里』で最後のひな祭り(1/2)『森の総合駅』に寄り道・岡崎

 毎年楽しみにしていた、『茅葺の里』千万町茅葺屋敷(岡崎市千万町(ぜまんぢょう)町)のアットホームなひな祭り、ひな人形展(写真は昨年のひな祭りから)、しかし茅葺の里が3月末で閉鎖となるため、今年が最後のひな祭りとなる。
l9N2853.jpg 岡崎市には豊かな自然と、水源の森を守り、未来へつなげていくキーステーションとして、水とみどりの『森の駅』がつくられている・・茅葺の里は、森で暮らすというテーマの森の駅。
 茅葺の里を知ったのは、7年前・・ふと、案内板を見て寄り道した『森の総合駅』(岡崎市樫山町山ノ神)で・・森の総合駅は森の駅のすべてを知ることが出来る総合案内所。
m19N8576.jpg 森の総合駅は、岡崎市額田支所の前にある、木造りの建物(撮影2011)。
総合案内所のほか、森のクラフトコーナー(ものづくり広場)や休憩コーナー等もあり、森と木の温もりが感じられる楽しい森の総合駅。

3月8日(土)晴れ一時薄曇り
 茅葺の里のひな祭り(2月9日(日)~3月9日(日))は明日まで(汗)、ギリギリに出掛ける。
途中、森の総合駅へ寄り道・・昨年は寄っていない、久し振りの森の総合駅。
 額田支所の前の駐車場へ・・おや?・・ここには森の総合駅の看板が無い(汗)・・窓も閉まってブラインドも・・まさか・・支所の建物もトラサクで囲われて・・閉鎖?。
oN2106.jpgoN2108.jpg 支所の入口の掲示によると『額田支所は東側の建物に移転しました・・』とある。
 東側の建物は森の総合駅・・では森の総合駅は・・あっ、ありました、お隣の額田図書館の隣に移転している。
 それでは、森の総合駅に回ってみよう。
あっ、あそこだ・・森の総合駅の看板が付いた建物・・。
ここには、太い丸太で創った長いテーブルとベンチなど、森の総合駅がそっくり引っ越ししていた。
 こんにちは・・お久し振りです・・職員さんから「昨年、支所が耐震の関係で移転のため、こちらへ移転しました・・ここはもと保健所の建物でした・・」。
 地域に根差した森の総合駅、地元の可愛いお客さんにも時々出会う。
o2N2110.jpgoN2115.jpgoN2117.jpg「こんにちは♪~まえ、ともだちと来たことがある~」。
「こんにちは・・あっ、幼稚園から・・」。
 休憩コーナーで、楽しくお遊び♪~。
「こんな、すごろくもありますよ・・」と職員さん『真田戦国ロマンそばプロジェクト物語』すごろくを・・わあ楽しい、すごろく♪~。
oN2122.jpgoN2138.jpg『真田戦国ロマンそばプロジェクト物語』は、時代考証家の山田順子さんが、真田幸村の故郷にそば畑を復活させる夢いっぱいの物語、絵本作家の高橋由為子さんに描いてもらったという。
 真田の郷の草ボーボーの畑、大きな岩がゴロゴロ出てくる畑が・・地元の『原の郷そば活性化組合』との共同作業により、一面の白いそば畑に・・真田幸村が見たであろう戦国の風景を復活させる物語。
 すごろくは、『STARTことのはじめ』から、上がり『GOALいざ、出陣!!』まで・・素敵な構成とイラストで、そばプロジェクト物語を子供から大人まで、楽しく知ることが出来る。
 素敵なすごろく、ありがとうございます。

「中で待っててね、危ないから外で・・」慣れた手つきで、竹を斧でパッカっと真っ二つ・・。
 さっそく、森のクラフトコーナーへ皆さんニコニコ♪~さあ何を作るのかな・・。
oN2146.jpgoN2149.jpgoN2151.jpg「道具や接着剤は、こちらに・・」親切な職員さん・・。
 お邪魔しました。
 きょうも、楽しい寄り道『森の総合駅』、ありがとうございます。

 それでは、ひな祭りへ・・続きは次回『『茅葺の里』で最後のひな祭り(2/2)』 で・・。
  ありがとうございます。
posted by damp at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 街中の出会い | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

フッペルを訪ねて日南町道中記(下)

 早朝、名古屋を出発、3台目のフッペルが置いて在る日南町総合文化センターに到着したのは丁度お昼時(名古屋から420km)。
m9N9189.jpg 総合文化センターでは『第5回にちなん食のバザール』を開催中(主催 にちなん食のバザール実行委員会、事務局 日南町役場企画課)。
『夏の太陽と清らかな水で育った日南野菜が勢ぞろい!にちなん食(Shock)のバザール』のリーフレットに誘われて、フッペルに会う前にまずは食のバザールへ。

n1N6460.jpgnN6151.jpg 野外イベント広場には日南町産トマト、各種ジャムやジュース、香茸ご飯、あんころ餅!、牛一夜干し、印賀ハガネ?(あられ)などなど・・それぞれ手作り感あふれるアットホームな出店が並ぶ・・。

nN6146.jpg あっ!『野土香』懐かしい店の名、智頭町板井原で出会った『野土香』と同名ですが・・別のお店でした「イベントがあると出店しています・・普段は『たたらの楽校』(廃校になった大宮小学校を活用)の中で、木の実や蔓を使ったリース作りなど、色々やっています、かつてあの辺りはたたら製鉄、印賀鋼で有名でした・・」ありがとうございます。

n1N6141.jpg おや?『はんざけ』Tシャツ、てぬぐい・・ハンザケって?日南町ではハンザキ(オオサンショウウオ)のことをハンザケと呼んで親しまれてきたという・・はんざけバーガーは完売、どんな味?山椒の香がするのかな・・。

 リーフレットを見て決めた日南野菜カレーを食べに『カフェあお』へ・・あれ!こちらも、完売しましたの張り紙(汗)・・。
nN6140.jpgn2N6141.jpg『カフェあお』の狭間さん「ソースはまだありますが、ご飯が無くなってしまったので・・あと一皿分だけあります・・ルウは炒めません、ココナッツミルクを入れました・・」ラッキー!最後の一皿にありつく・・野菜がたっぷりでココナッツミルクも入ったまろやかなカレー、完売の張り紙を出した後も、ソースだけでもとお客様が来店されている人気のカレー。
 美味しかったです、ごちそうさまでした。

 フッペルとは、総合文化センター所長さんや事務所の皆さんのご厚意により『さつきホール』(客席数502)の舞台の上で会うことが出来た。
m19N9175.jpgnN6171.jpg ちなみにさつきホールの名誉館長はジャズクラリネットの北村英治さん!・・ホールオープン当時に開催していたジャズクリニックのご縁によるという。
ジャズピアニストの松永貴志さんも時々訪れたことがあるという。
 広いさつきホールを独り占め・・フッペルとのコラボ、至福の一時、来た甲斐がありました!皆さまありがとうございました。

『日野川源流そば』の垂れ幕の下、さくさくとそば打ち・・おや?看板は『日南町特産品開発部隊』?とある、おそば屋さん?・・きょうは暑いですね。
n1N6204.jpg「朝晩は涼しいですが、日中は太陽に近い分だけ暑いですよ(笑)・・そば打ちは趣味です、イベントへの出店やそば打ち講習などをやっています。
 11月には中国四国農政局の主催で『中国四国そばfest.in松江』が開催されますので出展します。中国四国地方全域を対象とした初のそばイベントです、松江の『くにびきメッセ』まで行ってきます」そばフェスタ楽しそうですね。
 特産品開発部隊さんのメインは・・。

nN6207.jpg「トマト栽培です、桃太郎シリーズの中で選りすぐりの品種を使っています。
真っ赤に熟したトマトで『完熟トマトジュース』を作っています、ラベルの写真は私共です、散髪したてに撮ったので・・」ラベルには『池田さん家のおいしいトマト』とある・・生産者の方々がラベルに載っているのは良く見かけますが、リアルでお会いするのは初めてです!。
 お味は・・トマトサラダを噛まずに食べた感覚という・・おみやげに一本頂きました。
おそば美味しかったです、ありがとうございます。

 静かになった野外イベント広場、裏へ回ると日野川の流れ、この川は太平洋側(瀬戸内)ではなく日本海側に流れている・・ハンザケはいるのかな?・・。
nN6211.jpgn1N6215.jpg 総合文化センターの前のJAガソリンスタンドで満タンに、県道8号新見日南線で新見まで抜けたいが道路状況は「所々狭いところもあり、通り抜けする車は少ない・・」行ってみます、ありがとうございます。
 JR伯備線と川に沿った谷間の8号線。
県境の谷田峠が分水嶺、川の流れが日本海側から太平洋側に変わる。
所々センターラインが無くなる狭い道・・カーブを曲がると突然伯備線の橋脚が道路の真ん中に現れたりもする谷間の道、一気に抜け新見市へ。

 中国道新見ICから高速へ・・22:30名古屋に無事帰投(日南町往復845km)。
フッペルを訪ねた道中、おいしい食と空気の日南町・・素敵な出会いが沢山ありました。
 ありがとうございます。
posted by damp at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 街中の出会い | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

雲とディジュとスケッチと

 6月のディジュリドゥミーテイング、空には不思議な千切れ雲、上空は乱気流?・・お客さんにはカナダから来た森の妖精?みたいな可愛い子も・・。
 妖精さんが帰って行くヒマラヤスギ並木でちょっと気になる方発見、何をされているのでしょう、行ってみました。
m9N8691.jpgm9N8713.jpgm9N5643.jpgm19N8726.jpg
 気になる方はスケッチをされていました、こんにちは・・「きょうは7時ごろ家を出て、9時前後からここで描き始めています・・絵を始めて10年目です、もともと機械屋です、絵は70から始めました、主に静物、風景を描いています、10年も経つとマンネリを感じてきて・・このままで終わりたくないと・・きょうは初めて建物にチャレンジしてみました、奏楽堂は描き甲斐のある建物です・・。
m9N8752.jpgm19N8753.jpg イーゼル(画架)は持っていますがここは縁石があり高くなっているので使いません・・ちょっと低いと思ったら、この空箱で作った台を使います、いろいろ工夫しながら描いています(笑)。
 スケッチや写真を元に作品を仕上げます、大きさは6号から40号位が多いです・・カメラで身を乗り出して撮った滝は、その迫力を80号(約1.6m×1.3m)一杯に表わしたこともあります。

m9N8750.jpg 絵を描く根気も徐々に変化してきているのを感じます。
短歌を詠んでいる妹がいますが、『返信無用の手紙』などを元気にやりとりしています(笑)。
 絵はずっと描き続けたいと思います・・
・・あと5年かな?(笑)・・Yes I can!・・」
とても明るいお話、ありがとうございます。
 一回り以上も上の大先輩から元気を頂きました、この調子で行けば小生も・・まだ10年以上は行けるかな?・・Yes I can!(笑)。

 暮色も迫り上空の風も凪いできたようである、東の雲の動きも穏やかに、噴水塔の西の空には黒雲が、今夜は遅くなって雨?カラスもそろそろ塒(ねぐら)に帰る。
m9N8763.jpgm19N8765.jpg「時の過ぎるのが早いか遅いか、それも気づくことのないような時期に、人はとりわけて幸福」 ~ イヴァン・セルゲーエヴィチ・トゥルゲーネフ(ロシアの小説家)
 それでは奏楽堂のディジュリドゥミーティングへ戻ります。
   ありがとうございます。
posted by damp at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 街中の出会い | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

桜前線北上中・幾多の思いも・・

 4月中旬、満開だった鶴舞公園はじめ市内の桜は散り始める、桜前線は北上中・・。
4月13日(金)快晴(最高気温21.3度)
 朝刊の『支援物資はこちらへ』に掲載されていた『愛知ボランティァセンター』へ支援物資(募集中の品目の中にあった新品の白色ワイシャツ、運動靴)を持参する。
『愛知ボランティァセンター』へは初めての持ち込み、場所は『東別院』のお茶所とある。
nN5029.jpgnN5019.jpg 東別院は「御坊さん」とも呼ばれ親しまれている、境内には桜の木も多い、快晴の空と桜に伽藍の甍が映える。
 お茶所のボランティァセンターでは多くのボランティァの方々が、大量の物資の仕分けなどをされている。
「私たちは民間のボランティァ団体です、東別院の施設を特別の御好意によりお借りしています。
皆さんの支援物資と支援の思いを、トラックをレンタルして直接、石巻へお届けしています」
 新聞で見た白のワイシャツですが被災地では・・「今、現地では白色ワイシャツは就職の面接や学校関係で使われ、とても喜ばれていますよ・・」なるほど・・。
「支援物資の品目は現地の状況、時間の経過により常に変わっています、お持ちいただく前に、お手数ですが都度ご確認ください。
 支援物資は「新品」に限って皆さまからご提供いただいています。
これは中古衣料は現地で貰い手がなくゴミになってしまう現状と、センターに大量に集まる物資の仕分け作業の迅速化のためにも、ご協力をお願いしています」了解しました!ありがとうございます。
 ボランティァセンターを出てから本堂へ寄って御本尊様にお参りする。

 桜のはらはら散る境内を行く・・あっ、桜の木の下にお姫さま!活発で愛らしい、あれはまさしく『あんみつ姫』・・。
n1N5055.jpgnN5070.jpg こんにちは、着物姿は何か催し物でも・・「いえ・・踊りのお稽古の帰りです、いつもは着替えるのですが、きょうはそのまま帰りたいと・・」
「桜の花に触りたい、花びらが欲しいと言って・・」
 元気であんみつ姫みたいですね、写真いいですか「いいですよ、あぁ・・あんみつ姫ありましたね・・」とお若いお母さん。
『あんみつ姫』は私には子供のころ見た漫画のイメージしか無かったが・・その後、原作の漫画を元に映画化、TVドラマ化、アニメ化されたり、雑誌にも掲載されるなどして多くに親しまれて来たという。
n1N5065.jpgnN5059.jpgnN5061.jpgnN5064.jpg

 御坊さんの桜の下で出会った方々から沢山の元気をいただきました、ありがとうございます。
nVN5043.jpg 見上げると昼の月・・桜前線北上中、幾多の思いは桜より早く北へ向かっている・・。
♪うさぎ追いしかの山 小鮒つりしかの川
     夢は今も めぐりて 忘れがたき故郷 ~
♪いかにいます父母 恙なしや友がき 
     雨に風につけても 思いいずる故郷 ~
♪こころざしを果たして いつの日にか帰らん 山はあおき 故郷 水は清き故郷 ~
     故郷(大正3年「尋常小学唱歌(6)」)


「自然の力の前で人間とはなんとちっぽけなものか、でもそれを自覚しているところに人間の強さはある」(パスカル)
  ありがとうございます。
posted by damp at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 街中の出会い | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

バラが盛りまもなく花菖蒲・・鶴舞公園

 5月中旬の鶴舞公園、バラ園では120種1700株程あるというバラが咲き誇り見頃に・・。
バラ園から胡蝶ヶ池に架かる鈴菜橋を渡り菖蒲池へ、胡蝶ヶ池の消えたハスは今年もまだ姿を見せない・・ハスはどこへ行ったのでしょう。
mmN0885.jpgmmN0885.jpgmm1N8585.jpgmmN8560.jpg

 菖蒲池のハナショウブもぽつぽつ咲き始めた、5月末から6月にかけてハナショウブのシーズンに、池の端には恒例の鉢花しょうぶ展(5/30~6/7)のプレハブ会場も完成・・
mm9N8534.jpgmm19N0858.jpg まもなく池に水を入れて開花調整・・鉢花しょうぶ展の開催時には満開、見頃に・・。
 静かな菖蒲池でぽつぽつ咲いたハナショウブをスケッチなさっている方、お邪魔します・・「このハナショウブ、ここから見ると綺麗です、きょうは光線の具合がいいです、向こうの赤と黄の花も綺麗ですね・・」
「リタイヤしてから絵を始めています、私は一緒についてきて見ているだけですが楽しいです・・」
mmN8560.jpgmm9N0858.jpg「水彩画の会に入っています・・きょうは下書きスケッチです水彩色鉛筆で描いています・・水彩色鉛筆で描いて水筆(水が入った筆)でなぞると水彩画のタッチも楽しめます・・水彩色鉛筆は2種類使っています、ステッドラーは鮮やかで水彩画のようになります、アクアッシュは粘る感じでくすんだ渋いタッチになります・・水彩絵具ではこんな感じになります、この絵は東山公園に梅見に行ったときに水彩絵具で描きました・・」
 素敵な絵と楽しいお話、ありがとうございます。
mm19N0853.jpg  昨年天地返しをした南の池では猫ちゃんもそわそわ・・そろそろ水が入るニャ~賑やかになるニャ~

 こんこんと 水は流れて 花菖蒲 (臼田亜浪)

きょうも楽しい出会いがありました、ありがとうございます。
posted by damp at 02:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 街中の出会い | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

音楽大好き鶴舞公園(その37)フォルクローレ・花まつり

 3月中旬・・冷え込んでグランドの桜もまだ蕾かたし、「花まつり」(4月1日~)の看板も建てられた鶴舞公園・・桜前線北上中・・
♪~奏楽堂のスタンドで和気藹藹とフォルクローレ(folklore)・・
♪花祭り、♪コンドルは飛んでいく等で知られている南米アンデス地方の民族音楽・・
 哀愁を帯びていて、どことなく懐かしさを感じさせるフォルクローレ・・
mmN7874.jpgmmN7937.jpgmmN7898.jpgmmN7892.jpg
「学生です・・「名古屋大学フォルクローレ同好会」の集まりです・・卒業生の思い出にと屋外で演奏を・・OBの方も集まっていただいて・・卒業といっても院生になり同好会を続ける人もいます・・」
 学生さんのフォルクローレ同好会は珍しいですね・・「大学でフォクローレ同好会は名大だけと聞いています・・」ギターの他いろいろな珍しい楽器がありますが始められたのは?・・
mmN7905.jpgmmN7906.jpg「音楽は大好きですが、楽器は入学してから好きなのを選んで始める人も多いです」
「これはケーナです」・・歌口が尺八と似ていて同じ発音原理・・
サンポーニャ・・先を塞いだ葦の管を吹いて音を出す、音の高さは管の長さで変わる、長さ(音の高さ)の異なる管を並べたもの・・
「サンポーニャは音の高さによって長さと名前が違います、普通のサンポーニャと言うとマルタ(約30cm程)です、マルタより音が低いサンカ(約50cm程)、この長いのは一番音の低いトヨ(約1.5m程)です・・」
mmN7908.jpgポンチョがお似合いの方「これはチャランゴです、ギターと違いマンドリンのような丸い胴体が多いです、弦は2本×5コースで10本あります、調弦は上からソドミラミで2本とも同じ音ですが、真中のミの弦はオクターブ差に調弦します、ギターやマンドリンのように低い音から高い音に順に並んでいないので独特の弾き方になります」
 ギターもクラシックギターとは少し違う弾き方です・・
♪ボン ボン~「太鼓はボンボと呼びます、毛のついたままの皮が張ってあります」・・
 定期演奏会や依頼演奏など各所で演奏する機会は多いという。
「保育園で演奏した時はウケが良かったです・・」
「ペルーアシエンダ領主の家(リトルワールド)でのフォルクローレはピッタリの雰囲気で楽しかったです・・」・・
「そろそろ終わります、最後に♪花祭りをやります・・」♪ ~ el carnaval ~ 花祭り
「フォルクローレ同好会」の皆さんホント楽しく格好いい・・♪花祭り楽しく聴かせて頂きました、ありがとうございます。
cmmN7903.jpg
mmN7922.jpgチャランゴ持って、ボンボ、ギター担いで・・トヨは長いハードケースに入れて・・
揃って足取りも軽く・・
 一足お先に素敵な「花まつり」ができました、ありがとうございます。
posted by damp at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 街中の出会い | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

音楽大好き鶴舞公園(その34) 噴水塔とニカセトラ?


mmN6888.jpgmmN6877.jpg 大寒に入り厳寒の砌・・修繕整備中の噴水塔は足場が組まれ工事用のネットが張られ全容は見えない、工事は2月末まで。
 暮色が広がり寒さ一入・・おや?工事用のネットが張られた噴水塔を見ながら熱心にスケッチをしている方、お邪魔します・・

mmN6899.jpg「・・学生です、初めての一人旅です、神奈川県からです、綺麗な所だなと思ってスケッチを・・一般的な音楽が好きです、ジャズではマイルス・デイビスを聞いたりしてます・・」名古屋へは観光で?「・・この近くのライブハウス(K.Dハポン)で二階堂和美の「ニカセトラ」記念ツアーがあるので来ました、開演までの待ち時間でスケッチしてます・・二階堂和美のライブは初めてです、CDショップでアルバイトをしているときにCDを聞いていいと思いました、一般的で歌謡曲ポイのをカバーしてます・・

mmCN6900.jpgさっき道ですれ違いました、向こうはもちろん気がつきませんが、ちょっと緊張しました、ライブ会場でお話をしたいと思っています・・」それでは時間ですのでと楽しそうな神奈川から一人旅の彼、歴史やお寺も好きという・・楽しい出会いでした、ありがとうございます。
   ♪蘇州夜曲~ 赤とんぼ~ 卒業写真~ (カバーアルバム「ニカセトラ」)
 とにかく音楽を生音で聴くのは最高です!、私も時々遠くへライブを聴きに出かけますが音楽以外の楽しい出会いもあります、京都では猫ちゃんにも・・。

続きを読む(噴水塔)
posted by damp at 00:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 街中の出会い | 更新情報をチェックする
人気記事