2010年10月02日

夏雲に誘われて(4)帰途につく

 知覧特攻平和会館を退出、特攻銅像「とこしえに」の前にて2句の川柳を思う。
知覧に各地から集まった特攻隊員は2~3日後には出撃していったという、壮絶であるが清静とした筆跡の遺筆を残して・・
nN2763.jpgm9N6535.jpg「死んで来い
   父は一言 言ったきり」
「機首を下げ
    神となる身は
        まっしぐら」

とこしえに安らかならんことを祈り黙祷・・。
 太陽がやけに眩しく暑い、しばらく虚脱状態、そろそろ潮時、日は高いが帰途につく。
8月16日15:15(走行距離0km)
 名古屋から知覧までのトリップメーター(走行距離1,209km)をリセットして知覧文化会館前の駐車場を出発。
 落ち着いた静かな佇まいの町並みを抜け山道を上る、手蓑峠で指宿スカイライン知覧ICに入り鹿児島方面へ、反対方向の指宿方面は好景観の道路であるが、鹿児島方面は山間のワィンディングロード、走るのには楽しいが道路からの眺望はそれほど開けていない、しかしスカイラインの途中の展望台からは絶景が・・
m9N6543.jpgm9N6549.jpg15:50錦江台展望台公園
 愛称「スカイぱれっと」で親しまれている展望台公園、売店、展望デッキ、つばきの森、野鳥の森などがあり、吊橋を渡ると大隅半島、錦江湾が一望できるという、吊り橋を渡る手前の展望デッキから見た桜島。
 鹿児島湾は錦江湾とも呼ばれている。
錦江湾の呼び名は島津氏第18代家久(1576~1638)が鹿児島湾の美しさを詠んだ歌「浪のおりかくる錦は磯山の梢にさらす花の色かな」に由来するという。
16:05須々原展望台
 駐車場が展望台になっている、桜島と鹿児島の市街地を一望できる指宿スカイラインのベスト・スポット。
m9N6561.jpgm9N6558.jpg 桜島の山頂火口付近には雲が懸り噴煙は雲の中・・桜島は活発な噴火活動を続ける活火山、火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続中、今後、更に火山活動が活発化する可能性も考えられるという。

 指宿スカイラインから九州道に入る。
17:00(83km)溝辺PA で大休止して食事、気がつけば遅い昼食?早い夕食?・・。
八代IC、宮原SAを過ぎたころ夕日が沈んだ・・19:35(243km)玉名PAにて小休止。
nN2766.jpgnN2767.jpg とっぷり暮れた九州道を直走る・・帰り道は懐かしのヴォーカル特集・・フォア・フレッシュメンの♪DAY BY DAY~フランク・シナトラの♪NAIGHT AND DAY~ etc.
 関門橋を渡り中国道、21:45(411km)王司PAで小休止、山間を縫うようにして走る。
23:35(547km)深谷PAで小休止、気温も下がりはじめ道路の気温表示は22度に、窓を開けて涼風を受けて走りたいが、窓は閉じたまま、季節によって夜の山道は雲霞のごとく虫がヘッドライト目掛けて飛び込んでくる、ウィンドウォッシャーを小まめに動かしながら・・
 ジュリー・ロンドンの♪IN THE STILI OF THE NIGHT~サラ・ヴォーンの♪THE GIRL FROM IPANEMA~静かな中国道を直走る、途中で日が替わる。
8月17日2:20(661km)七塚原SA到着、気温は22度前後、エアコンを止め窓を閉じたままで快適に仮眠・・6:00携帯の目覚ましアラームが鳴る・・朝靄に包まれたSAで目覚める、ビスケットと缶紅茶の質素な朝食、ぼちぼち車が動き始める、早朝のパトロールも。
nN2769.jpgnN2772.jpgnN2776.jpg SA内のセルフスタンドで給油満タンに、朝靄の中を出発、間もなく朝靄は晴れ夏空が顔をだす。
10:10(872km)加西SA到着、大休止・・
m9N6567.jpgnN2803.jpg
 すっきり夏空、ここで見た光り輝く夏雲の群れは、特攻隊員への鎮魂曲を奏でているようにも、墓標のようにも感じられた。

 中国道から名神高速を経て新名神高速へ
13:10(1,021km)甲南SAで最終の休止、名古屋は近い。
m9N6571.jpgn1N2814.jpg
15:20(1,112km)無事に名古屋に帰投する。
夏雲に誘われて、薩摩川内の久見崎盆踊り「想夫恋」知覧特攻平和会館を巡った旅。
   (総走行距離2,321km)
♪われは海の子 白浪の さわぐいそべの 松原に
  煙たなびく とまやこそ わがなつかしき 住家なれ ~
 われは海の子(明治43年「尋常小学読本唱歌」)

(「われは海の子」の歌詞のモチーフは錦江湾(鹿児島湾)とも言われている。)

 生き、生かされていることに感謝した旅、ありがとうございます。

posted by damp at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 想夫恋 | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

夏雲に誘われて(2)久見崎盆踊り「想夫恋」

 川内川河口の町、久見崎に伝わる盆踊り「想夫恋」が踊られる日和山へ。
n1N2723.jpg昔、軍港があったという川内川の広い河口を出るとそこはもう東シナ海、沖合遥かには甑島列島の島影・・今を去る400年の昔、「慶長の役」に島津義弘が一万余の兵士を率いて久見崎の軍港から高麗に向けて出港したのは慶長2年(1597)のこと、翌3年には豊臣秀吉の死により終戦、全軍引き上げるが兵士の中には戦病死した者も多く、帰らぬ兵士たちを悼んで、久見崎の夫を亡くした女性たちの間で踊られるようになったのが想夫恋のはじまりとされている。
 昭和36年頃まで日和山の前には「洲の番」と言う広い砂浜がありそこで踊っていたが、河川工事で砂浜が無くなり一時期上浜の松林の中に移っている、3年前に見たときはこの松林であった。
m19N6299.jpgm9N6300.jpg 平成20年より市の協力によりもとの「洲の番」の近くの日和山に移った。
 海を望む明るい広場「慶長の役記念碑」も松林から移転された、見晴らしは良いが日陰は少ない、ギャラリー用やかき氷など冷たい物サービスの仮設テントも建てられている、ピーカンの海辺、汗っかきの私はもうぐっしょり。
 御高祖頭巾で面を包み男物の紋付き羽織に脇差を背中に差した特異な装束の踊り手と、お囃子のお姉さま方は木陰で待機、木陰でも照り返しが強く暑い。
 お囃子がスタンバイして踊り手が静々と広場に・・「想夫恋」が始まります。
m9N6301.jpgm9N6469.jpgm9N6311.jpgm9N6488.jpg 
m9N6483.jpgハ~ 盆の十四日に 踊らぬ人は (ソーレセー)
  ハ~ 木蓮尊者の 掟にそむく (ヤットセー ヨーイヤナ)
ハ~ 殿のためなら 涙は出でぬ (ソーレセー)
  ハ~ 御霊祭りに 盆踊り (ヤットセー ヨーイヤナ)
ハ~ 切って供えし 緑の髪は (ソーレセー)
  ハ~ 亡夫も見てたも 眉の露 (ヤットセー ヨーイヤナ)


m19N6465.jpgハ~ お高祖頭巾に 腰巻き羽織 (ソーレセー)
  ハ~ 少しお顔を 見とうござる (ヤットセー ヨーイヤナ)
ハ~ 先を争う つわもの共が (ソーレセー)
  ハ~ 鉄で固めた この体 (ヤットセー ヨーイヤナ)
ハ~ 盆の十四日の 夜明けの鐘は (ソーレセー)
  ハ~ あの世この世の 扉が開く (ヤットセー ヨーイヤナ)
 

m9N6462.jpgm19N6464.jpg ハ~ 寝ては考え 起きては想う (ソーレセー)
  ハ~ この身終わるまで 君のため
            (ヤットセー ヨーイヤナ)

 踊り自体は5分弱、休憩をはさんで2回踊られるが全30分程の久見崎盆踊り「想夫恋」、約400年も歌い踊り継がれた久見崎の想夫恋は歴史と地元に密着した特異な盆踊りであった、由来する海辺で見る想夫恋は感慨も一入である。
 皆さん記念撮影、今年は特に暑いですね、かき氷サービスは大人気で残り少ない。
来訪者名簿に名古屋と書いていると「名古屋のどの辺ですか」と名古屋にお詳しい地元保存会の方「仕事で長いこと春日井に住んでいました、リタイヤして帰ってきました、子供たちは向こうに住んでいます、遊びに来ていてきのう志布志から帰りました、フェリーで大阪南港経由で・・」フェリーはゆっくり寛げて良いですね。
 想夫恋保存会の皆様、心に残る踊りと歌をありがとうございました。
m9N6497.jpgm9N6499.jpgm9N6507.jpgnN2729.jpg
 暑い日、上から下まで汗ぐっしょり、内山さん宅の庭先で失礼して着替え。
「まあ冷たい物でもどうぞ・・」お邪魔します。
 想夫恋、歴史、戦争・・見識の高い内山さんとの楽しい四方山話に花が咲く。
「これからどちらへ?」知覧特攻平和会館まで足を伸ばそうかと、特攻について書かれた5年前の中日新聞のコラム「中日春秋」がずっと心に残っていますので・・
「知覧までなら2時間ほどで行けますよ、あそこのホールには出撃の際に「月光の曲」を弾いたピアノも飾ってある筈ですよ・・」お世話になりました、ありがとうございます。

夏雲に誘われて(3)知覧特攻平和会館に続きます。
 ありがとうございます。

posted by damp at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 想夫恋 | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

夏雲に誘われて(1)・薩摩川内・久見崎への旅

♪~寝ては考え 起きては想う この身終わるまで 君のため~ 
 久見崎盆踊り「想夫恋」に出会ったのは3年前(平成19年)海から離れた松林の中、当時の想夫恋保存会会長内山さんから「来年(平成20年)からは海の近くで踊れそうです、海の近くで踊りたいとの要望が叶い、市の了解も得られ日和山に移転場所が決まりました・・」とお聞きしていた・・。
mN3820.jpg 海の見える丘での踊りも是非見たいと思ってはいたが・・何しろ年に一度8月16日それも10分程度しか踊らない幻の盆踊り、なかなかチャンスに恵まれなかった・・今夏は前日の日曜日がオフに、チャンス!行こう鹿児島へ・・
 御無沙汰いたしております、内山さんへ3年ぶりにお電話、元気なお声の内山さん、覚えていて下さり日和山の場所や駐車方法などお聞きする、ありがとうございます、当日お会いできますことを楽しみにしております。
 長丁場(片道1,100 km程)に備えてCDをどっさり積み込み・・
余力があれば知覧特攻平和会館まで足を伸ばそうと、今も心に残る特攻について書かれたコラム、5年前の中日新聞のコラム「中日春秋」をスクラップブックから探し出し手帳に挿み・・。
8月15日(日)
 お盆休みや1000円高速による渋滞を考慮し、午後の出発予定を早めて出発する。
9:50(走行距離0km)名古屋発
伊勢湾岸道・名港中央ICから高速へ、渋滞を予測していた東名阪道・四日市IC付近もスムーズに通過し、亀山JCTから新名神高速へ流は順調。
nN2660.jpg11:15(91km)甲南PA忍者の里で小休止。
 名神高速もやや交通量は多いがスムーズに流れる、吹田JCTから中国道へ、よく渋滞する宝塚東トンネル付近もこの時間帯は全くスムーズに流れている、この付近対向する上り車線は長い渋滞の車列が続いている。
 神戸JCTで山陽道と分かれると交通量はグンと少なくなる、中国道は中国地方の山間を行くアップダウンとカーブが多い道であるが、交通量は少ない快走路、反面給油所なども少ないので要チエック。
13:04(241km)加西SAで大休止、お決まりの但馬牛の「肉そば」で軽いランチ。
 雲間の太陽を追って走る快適な道が続く。ほとんど前方もルームミラーからも車が見えなくなる。
nN2668.jpgnN2671.jpg16:13(451km)七塚原SAで大休止、広いSA内にはドッグランや小公園などがある、太陽やや西に傾く。
 六日市ICを過ぎて暫くすると、えっ!燃料残量警告灯が点灯(汗)次の給油予定地までは約70km、ぎりぎりで走れると思うが、新しい車のため確かでは無い、まだまだ続く山道、行く手には荷卸峠なども、うっすら暮色も広がる・・迫ってきた鹿野ICで高速を下りる、初めての所で土地勘はまったくない・・
 ICを出て直ぐ消防署発見、ガソリンスタンドは?「国道を少し下った左側に・・」助かりました、ありがとうございます。
nN2682.jpg18:32(605km)鹿野バイパスSSで給油「此処は周南市の鹿野です、九州へ行くなら鹿野ICまで戻って高速で・・」

 戻って高速へ乗る、行く手の山陰に赤い夕日が沈む・・ヘッドライト点灯。
19:55(722km)壇之浦PA到着、大休止して夕食。
m9N6278.jpgm9N6280.jpg壇之浦PAは関門橋の本州側の袂、関門橋は壇之浦から早鞆の瀬戸に架かる、対岸の灯りは九州 門司。
 ほぼ満車の駐車場その先には下関の街の灯り、空には太った三日月と金星らしき明るい星も・・。
 関門橋を渡り九州道へ、交通量は多いが流はスムーズ。
22:40(863km)広川SAで小休止。
nN2685.jpgnN2686.jpg  車の少なくなった九州道をスタンゲッツのボサノバなど軽く流し直走る、途中で日が替わる。♪The Girl From Ipanema ~♪Desafinado ~
8月16日(月)
 0:25(987km)山江SAで小休止。
 1:30(1,049km)桜島SA到着、全行程渋滞もなく予想より早く着いたので車中で仮眠、そよ風が吹きそんなに暑くないので窓を少し開けエアコンをとめて、おやすみなさい(爆睡)。
 朝日とともに起きだしてソニーロリンズの ♪SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE ~ 朝日を浴びて雲が赤く染まる。
 朝駆け、姶良ICで下りて市比野温泉経由で薩摩川内へ・・。
6:40(1,091km)グリーンランド市比野ふれあい館で立ち寄り湯。
nN2696.jpgnN2695.jpgn1N2705.jpg グリーンランド市比野ふれあい館は朝6:30から入浴できる温泉施設、露天風呂などもあるリーズナブル(大人330円)で気持ちの良いお風呂。
 薩摩川内市の市街地を抜け川内川の左岸を下る、長崎堤防(鋸歯状)辺りから川幅は広がる、川内河口大橋が見えてくる・・
m9N6284.jpgm9N6289.jpgnN2722.jpg  川内河口大橋から見た久見崎日和山付近、突堤の付け根辺りの丘の上が「想夫恋」会場。

9:30(1,120km)内山さん宅到着、お元気そうで「まあ冷たい物でもどうぞ・・」お邪魔します・・。
 史書などの書物に囲まれたお部屋、昔新聞社に入りたかったですと筆も立つ方、シベリヤ抑留で御苦労なさった戦中派、「想夫恋」を通じて出会った大先輩。
「・・昭和36年頃まで日和山の前には「洲の番」と言う広い砂浜がありそこで踊っていました、河川工事で砂浜が無くなり前回に見られた松林の中に移りました、平成20年より市の協力により海の見える日和山で踊ることが出来るようになりました・・体調不十分で見に行けませんが・・帰りにまた寄ってください」ありがとうございます。
nN2727.jpg  それでは、ピーカンの海辺の道を日和山へ、きょうも暑くなりそう。

 夏雲に誘われて(2)久見崎盆踊り「想夫恋」に続きます。
 
 ありがとうございます。
posted by damp at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 想夫恋 | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

久見崎盆踊り「想夫恋」・・薩摩川内市

 幻の盆踊りが見たくて、夜討ち朝駆けで川内川河口の久見崎(ぐみざき)へ。
天気明朗、でも今日も暑くなりそう。
m3805.JPGm3806.JPG
 場所は山の中にある「慶長の碑」の前。特異な衣装の踊り手、歌お囃子の三味線、太鼓も集まってくる。
m3810.JPGm3814.JPGm3813.JPG


m3821.JPG 定刻の午前10時に口上から始まる。
「今を去る400年の昔、慶長の役に島津義弘が豊臣秀吉の命により一万余の将兵を率いて、高麗に向けて久見崎を出港したのは慶長2年(1597)3月であった。
 方々の戦いで大いに奮戦するが、翌慶長3年8月秀吉の死去によって全軍引き揚げることになる。
 帰国途中、明と高麗の海軍の待ち伏せにあい多くの犠牲者をだした。
戦いの場所は、後に天道よしみさんが♪海が割れるのよ~(珍島物語)と歌った海域という。
 12月に生き残りの将兵はなつかしの久見崎に帰り着く。
帰国の知らせを聞いて久見崎に集まってきた出征将兵の家族の多くは、我が夫、父、兄弟、子供の姿を見出せなかった。帰らぬ戦死者家族の悲しみは一通りではなかった。
 義弘の子家久の代になって、この戦いで戦死した敵味方の霊を慰めるために、毎年旧の7月14日、現在の8月16日に盛大な慰霊祭を行った。慰霊祭で地元の未亡人達に踊らせた踊りが、今の「想夫恋」のもとになったといわれている。
 御高祖頭巾で面を包み、男物の紋付き羽織に、脇差を背中に差した特異な装束の物静かな踊りである。」
  ♪ ジャン ジャチャ ジャンジャン~トントントン~
     ♪ ハアー 盆の十四日に 踊らぬ人は (ソーレセー)
        ハアー 木蓮尊者の 掟にそむく  (ヤットセー ヨーイヤナ)~

m3830.JPGm3829.JPG>m3834.JPG
 何かを招きよせる手振り、ときどき掌を合わせて祈る姿、ゆっくりしたテンポで悲哀をこめて何回も何回も繰り返される。真摯な踊りに思わず熱いものが込み上げる。

m3824.JPG 5分弱で踊りは終わる。・・ふっ・・一瞬おいてわき起こる拍手。
初めて見たという地元の方、子供のころに見て以来という方、伝え聞いて県外から見えた方・・口々に「よかったですね・・」。

 踊りは遅れてきた方々のためにともう一回踊られるが・・年に一度それも計10分弱の幻の盆踊り。
 約400年も歌い踊り継がれた久見崎の想夫恋は歴史と地元に密着した特異な盆踊りであった。
 想夫恋保存会の皆様、心に残る踊りと歌をありがとうございました。
 
 保存会長さんから「来年は海の近くで踊れそうです。保存会としてはさらに身を引き締めて継承に努力してゆきたい・・。」
 海の近くで踊りたいとの要望が叶い、市の了解も得られて川内河口大橋の近くにある日和山?(昔天候を見ていたという山)に移転場所が決まり工事も始まるという。来年を楽しみに・・。
 「想夫恋」鹿児島県指定無形民俗文化財(1971.5.31指定)


続きを読む 「♪想夫恋」の歌詞
posted by damp at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 想夫恋 | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

想夫恋との出会い(4)・・薩摩川内市久見崎


mmDSCN0563.JPGmmmDSCN0566.JPG

幻の盆踊りをもっと知りたくて・・
盆踊り保存会長さんを訪ね久見崎へ(2006年晩秋)。
(踊り、お囃子の写真は、見せていただいた記録ビデオの画面から)

幻の盆踊り?(1年に1日それも1回しか踊らない!という)。
400年前秀吉の時代に久見崎港から出征し、未帰還となった兵士の未亡人達の踊りが元と言われる。
敵、味方、双方を慰霊する特異な装束での物静かな踊り。
fmmDSCN0569.JPGmmDSCN0555.JPG

踊る場所は「慶長の碑」前である。
この碑も昔は海辺にあり砂浜で踊ったらしいが・・
今は護岸工事で林の中に移設されて海も見えない。
「海の見える場所への移設をお願いはしていますが・・」と保存会会長さん。

それではと護岸堤防の上でサックスを吹いてみる。
良い天気、風は強かったが気分は最高! 。
m5N0553.jpgm5N0551.jpgm5N0554.jpg


 保存会会長さんありがとうございました。

追記(後日2007年夏に幻の盆踊り想夫恋に出会えました。ありがとうございます。)


posted by damp at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 想夫恋 | 更新情報をチェックする

想夫恋との出会い(3)・・幻の盆踊り

(幻の盆踊り・H18晩夏の日記から

薩摩川内市久見崎というところに、1597年、薩摩から朝鮮に出兵して生きて帰ってこられなかった人たちを鎮魂する、想夫恋という盆踊りが残されているとの情報!
どんな唄で踊られているのか?黒田節のメロディであろうか?

分かりました!
黒田節ではありませんでした。

メロディ、歌詞ともにこのために作られ伝えられているものでした。
三味線と太鼓だけの伴奏、哀調を帯びたゆったりした唄だそうで、短いフレーズが7番まであります。

♪3番 切って供えし 緑の髪は 亡夫も見てたも 眉の露

♪7番 寝ては考え 起きては想う この身終わるまで 君のため

・・これぞまこと?の想夫恋ですね・・

盆踊りはその縁起から静かなものらしい。
地元の保存会の方だけで慰霊碑のある海辺で踊られる。
規模は踊り手12名三味線唄3名太鼓1名程度。
黒い布で面を包み、女物の浴衣に男物の黒紋付、後ろ腰に脇差しを差した特異な装束、哀調を帯びた唄に合わせゆったりとした動きで踊る。
お盆8月16日10時に1回(10分もかからない)だけ踊るのみ。
(最近はギャラリーのために2回踊ることもあるらしいが・・)

盆踊り観てみたいが・・1年に10分程度・・幻の盆踊り





posted by damp at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 想夫恋 | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

想夫恋・・古瀬間城址、淨願寺

m5N0422.jpg♪想夫恋を持って久しぶりの古瀬間城址。

庫裏の上がり框でお茶を頂きながら♪想夫恋についてご住職から・・。
「豊田の詩吟の会で♪想夫恋が演じられたので行ってきましたよ。
ここは「清閑院 淨願寺」と言います。。
京都の清閑寺は小督局ゆかりの寺です。・・・」
清閑寺・・行って見たいところがまた増えました。

登城して♪想夫恋~ ♪荒城の月~・・を。
風が強かったが上まであがり石塔の前で小督局を偲んで。
風は強かったが安らいだ気持ち・・。
m5N0735.jpgm5N0426.jpgm5N0740.jpg

posted by damp at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 想夫恋 | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

想夫恋との出会い(2)・・♪想夫恋って

(♪想夫恋って・H18夏の日記から

♪ 峰の嵐か松風か 尋ぬる人の琴の音か 駒をひかえて聞くほどに 爪音しきる想夫恋・・・

平家物語に琴の名手の小督局(こごうのつぼね)が、嵯峨野で「想夫恋」の曲を奏したとある。

先日(想夫恋との出会い(1))知ったこの曲名、今はどんなメロディで奏されているのだろう?
調べてみたがまだ決定打はない・・

「想夫恋」
○黒田節に平家物語の一節が歌われている。
△雅楽にも同名の曲がある。
?同名のバウ ミュージカルで歌われたかは未確認。
?演歌に同名の曲があるが歌詞は別であった。
×(花の名前にもあった?)
×(焼きそば屋さん?)

諸説あるようですが、今「想夫恋」と言ったら黒田節のメロディで奏されるのでしょうか?

・・で結論は
想夫恋と言う曲は、平家物語のなかでイメージされた曲で、そういう楽曲が実際にあったという話ではないようで。
現在では「黒田節」のメロディで歌われているようです。

考察の過程で鹿児島県久見崎に想夫恋と呼ばれる盆踊りがあるとの情報が!早速調べてみよう。


posted by damp at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 想夫恋 | 更新情報をチェックする

想夫恋との出会い(1)・・古瀬間城址

(サックスかついでin古瀬間城址・H18夏の日記から
新城街道を見下ろす交通要衝の地。
城というより砦か。
建築物は何も残っていない明るい丘。

淨願寺境内を通って登る。
東屋と見晴台が造られている。
地元の方がつくった「こませ歌碑の丘」の碑がある。
なんとこの奥には小督局のお墓があるとご住職が・・

いそいそと吹き始める・・
戦火に遭わずに廃城となっているためか、あまり霊気は感じない。
明るく♪荒城の月に始まって♪星に願いを・・20分ほど・・

庫裏でご住職から小督局にちなんで♪「想夫恋」をリクエストされたが・・・
恥ずかしながら勉強しておきます。また参ります。

♪「想夫恋」って黒田節の2番か3番にあったけど?
小督局はどんなメロディで?雅楽のかな?
さあ調べなくては・・。
m5N0421.jpgm5N0443.jpgm5N0441.jpg


タグ:思ったこと
posted by damp at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 想夫恋 | 更新情報をチェックする
人気記事