2017年06月25日

新緑の『姿見不動滝』・阿智村清内路

 新緑を訪ねて清内路を訪れている・・。
一番清水からR256を少し上ると、姿見不動滝への上り口に到着・・快晴、きつい日差しに木陰もクッキリと・・。
 滝は、緩やかな上り坂になっている参道を200mほど行ったところにある・・。
(以下、右の写真は前回と同じく今年(2017年)1月に撮影・・季節を感じる写真として再掲・・今冬、この時までは割に暖かく、雪も少なかったが・・)・・。
01mN0193.JPG02mN9290.jpg

 新緑に包まれた参道・・滝から流れ出る沢に沿って上る・・。
03mN0195.JPG04mN9291.JPG

 参道の途中の沢に架かった丸木橋・・姿見不動尊のお堂への近道という・・まだ渡ったことはないが、ここを渡ってお堂まで行ってみたくなる緑の小道・・。
 1月の雪の丸木橋は誰も渡っていなかったが・・お堂では、毎年4月に、祭事が行われているという・・。
05mN0198.JPG06mN9292.JPG

 サバサバと水音が近付く・・おお!新緑の間に滝が、現れる・・。
きょうは水量も多く、新緑の木陰のベールに包まれた幻想的な滝に♪~。
 季節、天気によって姿を変える見ごたえのある滝・・落差20m、幅6.3m・・。
07mN0202.JPG08l59N9295.JPG

 姿見不動滝は、不動尊 降臨の滝とされ、この場所は昔より多くの人々に、信仰の地として崇められてきた聖地ともなっている。
 毎年4月には『不動尊祭り』が行われ、信者の方が滝に打たれて滝行“みそぎ”をされるという。
この時、滝の壁面には不動尊が現れると言われている。
09l29N0991.JPG10l59N9773.JPG

 信者の方が“みそぎ”をされる滝壺・・とっくに氷雪も消えて、全貌を現している・・。
滝の壁面に、おむすび?(汗)のように見える岩の下で“みそぎ”をされる・・滝行“みそぎ”の写真を見せて頂くと、岩の大きさは身の丈の、2倍いや3倍以上もありそうである・・とても大きな岩・・。
11l9N0992.JPG12l59N9791.JPG

 新緑に包まれた、素敵な姿見不動滝、ありがとうございます。
木漏れ日の参道を下る・・突き当りの明るいところは、R256・・。
13mN0218.JPG14l9N9801.JPG

 では、R256をもう少し上り、久しぶりに『おおまき(小黒川のミズナラ)』に会いに行くことに・・続く・・。
   ありがとうございます。




posted by damp at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 清内路 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451200602
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事